yoakenomaster’s diary

ウツなのか過労なのか分からない社畜の闘病日記。正直馬鹿でアホな事書いてると分かっているけど脊髄反射で記録的に何でも書いてる。

自己肯定感みたいなの

基本的に自己肯定感というのがよく分かっていない。

仕事の愚痴を言うとなんか人のせいにばかりしているように思われそうだし、思われることはままある。

それじゃあ、なんか別の視点で自分褒められんかなぁと思うんだけど、健康だけが取り柄だったのも今や昔。

 

ただなぁ、時々思うんだ。

元上司にもはっきり「この業界向いてないよね」と言われたナルコレプシー罹患者ながら、騙し騙し10年勤めたのは結構頑張ったんじゃないかな。

勿論、月数回遅刻かまして評価は低いけどね。

その点は専門職だから救われていたかも。

 

何というか、転職活動とかで面接された時の回答のイメージが今はできない。

社会人の当たり前が出来ていない以上、何言っても駄目だよな〜って思うし、私の出来ることってなんだろうな。

 

広告を非表示にする