yoakenomaster’s diary

ウツなのか過労なのか分からない社畜の闘病日記。正直馬鹿でアホな事書いてると分かっているけど脊髄反射で記録的に何でも書いてる。

無惨だの

必死で税金納めてきたのに、いざとなったら失業手当は間に合わず、傷病手当金も貰えないの悲しすぎる。病院も通えないとか笑ったわ。

働けないなりに働いたら負けかよ。

最初から諦めて働けませんって泣き喚いたら良かったのかよ。むなしい。

私は何のために税金納めてきたんだ。究極の日本式無償奉仕。

次はもう払えないと思いながら診療費払ってる横でブランドバッグ下げた人が診療費無料とか、かなり堪えるわ。なんでだよ。

もういっそ死にたいけど人間なかなか死なないんだよな。

でも、飛び込みとかは辞めたいよね。迷惑にも程があるし我ながら悲惨すぎる。

参った

かろうじて携帯電話がこの1ヶ月の命綱になりそうです。

 

お金が無さ過ぎて病院に行けなくなり、もうすぐ一月。

会社には騙し騙し行ってますが、今月で退職する予定。

 

体調は面白いくらい言うことをきかない。

情けない限り。

 

学費のローン終わってないから迂闊に死ねないし(免責になるのかな?)

 

やになるな。

病気になんかなるもんじゃない。

大分しんどい

いろんなことから解放されたい。

みぞおちが痛いんだよ。

原点に戻ったメモ

色んなことを混同して考えてはいけない。

体調不良で勤怠怪しくなってもクビにしないで下さったことには感謝。

ある業務について一丸で助けて下さったことには感謝。

 

休職には出来ないけれど原則ノー残業にして下さったことには…半分感謝(何故なら私は休職を望んだし、休職できない理由が会社の業務都合だった)

 

過労の原因となった業務について現在もテコ入れ出来ていないことは悲しい。

 

過労の原因となった課内体制について、前上司の発言は許せない。

今上司は、言葉では頑張っているけれど実現出来ていない。

出来ない理由が課内体制なら、もっと上の責任かもしれないが、そこまで私が慮るのは難しい。

 

何でもかんでも私に頼むのは、頼りにしていた訳でも信用していた訳でもない。ゴミ箱として利用していただけだ。それは忘れてはならない。

ゴミ箱脱出のチャンスを、体調不良にしろ何にしろ棒に振ったのは自分だから反省しろ。

次に行け!もうここで挽回するのは無理だ。

 

もう一度自分に告げる。

 

もうここで挽回するのは無理だ。

次に行け!!!

繰り返し

ちょっと元気になってきて、仕事を精力的に回していたら急にぶり返してきた。

また、あの頃に戻るだけじゃないかと頭が。

実際、休み休みやっていた頃から殆ど手持ち進んでいないから、尻に火がついた状態から再スタート。

 

ずっと悩んでる。

怖くて「辞める」って言えないだけなんだ。